梅干しの効果・効能

疲労回復

疲労の原因は体内に蓄積された乳酸を分解するのに効果的なのがクエン酸で、梅干しにはクエン酸が豊富に含まれ、さらにブドウ糖が分解されるのを抑制し、乳酸そのものをエネルギの元とされる効果があります。

動脈硬貨の予防

乳酸はたまりすぎますと動脈硬貨の原因にもなります。
近年では、梅研究所の発表で、梅干しに含まれるクエン酸によって血圧を下げる働きがあることが分かりました。

活性酸素を減らす働き

生活習慣病の下忍の1つである活性酸素。活性酸素を減らす働きとして、私たち人間の唾液の中に(グルタチオン・ペルオキシターゼとカタラーゼという酵素を持っており)これらの酵素は発がん性物質の毒素も消す働きがあります。
唾液は自然に分泌された量よりも、食べ物によって刺激されて出てくるものの方が多いという特製がございます。梅干しによって刺激された唾液は、質、量共に優れているという研究報告もあり、梅干しを見ただけで「すっぱいと思わずツバが出る」という感覚や、梅干しを食べる時に自然に出る唾液は活性酸素を撃退するという体に大変良い効果をもたらせてくれます。

便秘の解消・つうじが良くなる

梅干しには胃腸の働きを活発にする効果と殺菌効果により、腸内の悪い最近を殺してくれます。ですので、毎日食べ続けていると、便秘が自然に解消し、つうじが良くなります。

二日酔いを解消

梅干しには、胃腸の粘膜を保護する働きがあり、アルコールは胃腸から吸収されますが、梅干しを食べることにより、アルコールは胃腸から吸収されますが、梅干しを食べることにより、胃を守ろうとする保護粘膜の分泌を高めます。
つまり、お酒を飲む前に梅干しを食べておくと胃の粘膜が保護され、アルコールの刺激を緩和し、また飲み過ぎ、二日酔いになってしまった時に食べると荒れた胃の粘膜の修復、そして二日酔いの回復が早くなります。

食中毒を防ぐ

梅干しには古くは平安時代から長く日本人に愛されており、戦国時代の合戦におもむく兵士には必ずにぎり飯に梅干しを入れて戦に出たという記述もございます。
先人は梅干しの腐敗防止や疲労回復の作用を体験的に知っていたということです。
近年では、冷凍・冷蔵の保存技術が発達しておりますが、細菌性の食中毒にかかる人は少なくありません。
0-157をはじめ、サルモネラ菌、黄色ブドウ球菌などの最近を梅干しに含まれるクエン酸により抑制、食中毒菌の増殖を抑える働きがあります。

特定商取引について

お支払いについて

代金引換、銀行振込、クレジットカード決済、コンビニ決済を用意しています。ご希望にあわせてご利用ください。

詳しくはこちら

送料について

送料:一律756円
チルド発送:一律1,000円
※一部地域は省く

時間指定も可能です。

詳しくはこちら

返品・交換について

お客様のご都合によるご返品にはご対応できかねますので予めご了承ください。商品到着後、中身のご確認を必ずお願い致します。

不良品・誤送品があった場合は商品到着後1日以内にご連絡ください。それを過ぎますと返品交換のご要望はお受けできなくなりますので、ご了承ください。

詳しくはこちら

上部へ戻る